東京都内にて、ASIC及びGPUの液浸マイニングマシンの稼働テスト開始!

Passion Progress Limited(本社:Kowloon, Hong Kong, 代表取締役:古川辰徳 )は、マイニング業界としては次世代技術に当たる液浸技術を用いたマイニングマシンの稼働テストを開始しました。

液浸マイニングについて

液浸技術とは、不活性液体(電気を通さない液体)の中でコンピュータマシンを稼働させるというもので、スーパーコンピュータ業界で主に使用されているものです。

仮想通貨のマイニングは、新事業として名だたる大手企業も参入している注目の事業ですが、稼働させる場所やマシンの稼働音、マシンの経年劣化やマイニングで発生する熱などの冷却に費用がかかる点などのいくつかの問題も同時に抱えています。

しかし、液浸技術を用いる事で、省スペース化、静音化、経年劣化のゼロ化、冷却の為の電気代の削減などが実現可能となります。

Passion Progress Limitedの液浸マイニングについて

Passion Progress Limitedでは、独自の液浸冷却技術を用いる事で、どんなマシンタイプでも対応可能な液浸マイニングシステムを実現しました。

さらにより汎用性を高めるため、一般的な事務所内でも設置可能なシステムに仕上げました。

まず、製品化に向けたデモ機として、GPUマシンとオリジナルのライトコインASICマシン※1の稼働テストを行っています。

今回のテストで得られたデータを元に、最適化されたASIC基盤およびGPUでのオリジナル液浸システムを製品化致します。

タイムリーで透明性の高い情報発信ができるとのことから、本来は公開せずに社内で行うべき稼働テストを敢えて一般公開※2する予定になっております。

※1:マイニングマシンには、GPUとASIC問わず、3年間の保証が付与されています。
※2:見学は個人・法人問わず、5月2日以降に完全予約制で実施予定です。

液浸デモ機の画像

今後の展望について

現在、中国のマイニング工場で約1万台のマイニングマシンを稼働させていますが、今後は、それらに加え、2018年5月から豊富で安価な電気量を誇る中東地域でのマイニング工場の稼働を開始します。

また、節税効果などとの相乗効果を擁した日本での大型マイニング工場建設なども進める予定です。

そして、液浸マイニングについては、6月中の製品化と稼働を全工場にて開始予定です。

Passion Progress Limitedでは、スピーディーに事業展開することにより、マイニング業界のリーディングカンパニーを目指していきます。

液浸マイニングマシンの見学について

LINE@から予約対応しています。
https://line.me/R/ti/p/%40dyo4282e

LINE@の画像

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください